ソウルオブマネー結構面白かったです

久しぶりに本を読んでいたんですが、毛色の違うマネー本を読んでみました。
かなり興味深かったです。

ソウルオブマネーと言う本で、お金に支配されない生き方といったことが書いてある本でした。
まぁ、やはり一度水があふれないと人って誰かのために頑張ろうってならないと思うんですけどね。


どうしてみんな、その基本的なことに気がつかないのかってところですよね。
あと、著者の寄付を集める仕事っていうのはいいことだと思うんですけど、それはそれでどうなのよって思うところもあり。

なかなか難しいなぁって思ったりします。
本人がどういう生き方を良しとするかってところなんでしょうけど。

なんか、こういう本が出てくる事自体もきな臭くてちょっと嫌かなって考えちゃったりもしちゃいました。